使用者が、労働者が勤務時間中に仕事をしていなかったという主張をしてきた場合、労働者側は自身の業務内容を説明し、仕事をしていない時間が無かったことを説明する必要があります。

また、自身の業務内容が記録されている証拠については自身が持っている場合は積極的に提出すべきですし、使用者側が証拠を持っているときは、具体的な証拠の名前を明かしたうえで開示を求めていく必要があります。