紛争の内容

依頼者は、事務員として勤務していましたが、人間関係等に悩み、会社を自主的に退職しました。

しかし、退職直前に支払われた給与は、残業代が十分に支払われた内容ではありませんでした。

そこで、会社に対して未払い残業代の支払いを求めたところ、会社は依頼者が不正に残業代を計上したとして、支払いを拒否しました。

交渉・調停・訴訟などの経過

まずは、会社に対し、未払い残業代の支払いを求めました。

そうしたところ、会社にも代理人弁護士が就きました

本事例の結末

当初、会社側の代理人弁護士も、依頼者が不正に残業代を計上したと主張し、支払いを拒否していました。

しかし、粘り強く交渉を続けたところ、最終的に会社が未払い残業代の支払いに応じることとなりました。

本事例に学ぶこと

本件は当事者間では解決できませんでしたが、弁護士が介入した結果、早期に未払い残業代を回収することができました。

また、弁護士が間に立つことにより、依頼者の精神的負担も相当緩和されました。

弁護士を介入させることによるメリットが顕著に現れた事案かと思います。

相談は無料です。お気軽にお問い合わせください

残業代請求に関するご相談は、初回30分まで無料です。
また、初回のみ10分程度の電話無料相談も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

残業代請求解決事例

No 事案
1 長距離ドライバーのご依頼者様の未払残業代を請求したケース
2 交渉で会社から未払い残業代を回収したケース
3 未払い残業代及びパワハラに対する慰謝料を取得した事案
4 パワハラ、セクハラを受けたとして退職した後、残業代等の未払い賃金とともに慰謝料を請求したケース