紛争の内容

依頼者であるXは、Y社にて勤務していましたが、残業代について十分に支払いを受けていませんでした。

また、XはY社社長から度々パワハラの被害を受けていました。

そこで、XはY社に対し、①未払い残業代及び②パワハラに対する慰謝料を求めました。

交渉・調停・訴訟などの経過

まずY社に対し、内容証明郵便にて、上記①及び②を求めました。

そうしたところ、Y社より弁護士を通じ①②については話し合いをしたい旨連絡を受けました。

本事例の結末

当初、Y社は弁護士を通じ、解決金として数十万円程度を提示してきましたが、交渉を続けた結果、最終的には120万円での解決を得ました。

本事例に学ぶこと

本件では、結果として交渉段階で解決に至ったので、労働審判や訴訟までにはなりませんでした。

もっとも、交渉段階であっても、未払い残業代や慰謝料を求めるためには、その根拠(すなわち、証拠)が必要です。

そのため、例えばタイムカードや給与明細、パワハラの音声、メールなど、残業代未払いやパワハラの事実を証明するための証拠収集が非常に重要になってきます。

まずは今お持ちの証拠で請求ができるか、弁護士に相談してみてください。

相談は無料です。お気軽にお問い合わせください

残業代請求に関するご相談は、初回30分まで無料です。
また、初回のみ10分程度の電話無料相談も行っております。
お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせ

残業代請求解決事例

No 事案
1 長距離ドライバーのご依頼者様の未払残業代を請求したケース
2 交渉で会社から未払い残業代を回収したケース
3 未払い残業代及びパワハラに対する慰謝料を取得した事案
4 パワハラ、セクハラを受けたとして退職した後、残業代等の未払い賃金とともに慰謝料を請求したケース